ひょうたんマジック MENU

コンセプト

イメージ画像

ひょうたんマジック

瓢箪(ひょうたん)は最古の栽培植物のひとつで、古くから人間と関わってきました。
そのため伝承も多く、魔除け、子孫繁栄、商売繁盛、無病息災の効果があるといわれています。ことわざに「瓢箪から駒」とありますが、これはありそうにないことが本当になる事を言うそうです。そんな瓢箪の謎めいた魅力に惹かれ、瓢箪を使ったモノづくりを始めました。一点一点真心こめて、手仕上げしております。

ひょうたんライト

ステンドグラス、すかし彫りなどを用いて制作したライトです。
ひょうたんから洩れる明かりが、壁や天井に反射し、幻想的な空間を演出します。天井から吊るすペンダント型とスタンド型があります。スタンド型のシェードと台座は特製のラバーリングで固定して、シェードがズレにくくなっております。

ひょうたんライトのしくみ

ペンダント型ライトの取付方法は、引掛シーリング式の取付具が天井に付いていれば、カチッとひねるだけで簡単に取り付けが出来ます。 配線の長さ、スイッチの位置は無料で調整いたします。また、配線には染めた麻ひもを編み込むことが出来ます 。

※写真は配線に麻ひもを編込んだスタンド型ライトの台座

引掛シーリング式の取付具

ひょうたんスピーカー

フルレンジユニットを使用した密閉式スピーカーです。柔らかく、優しい音が特徴です。
天井から吊り下げると、降り注ぐ音のシャワーが心地よく響きます。床置きでも設置可能です。お手持ちのオーディオアンプに接続してお楽しみください。 小さなサイズのものは、iPodなどのオーディオのヘッドフォン端子に接続できます。軽量なので旅のおともに最適です。

 

ひょうたんサウンド

配線いろいろ

配線は麻ひも、縒りの2種類あります。麻ひもはお好みの色で染める事が出来ます。

配線 麻ひもタイプ・ 縒りタイプ

 

■作者紹介

小泉斉(こいずみひとし)
1971年 東京都葛飾区生まれ。日本大学卒。ヒマラヤの麓、ネパール王国でゲストハウスを経営した後、カフェの店長を務めつつ、ひょうたんを使ったランプ、スピーカーの制作を始める。2012年から高知県四万十に活動拠点を移し、ひょうたんの栽培を含めた本格的「ひょうたん活動」を開始、新たな創作に取りかかる予定。 一瓢入魂、今宵もひょうたんを磨きながら、アイデアを練っております。

2003年 
・charman.ism(LE DECO 渋谷)      
・「炭・瓢箪・布を楽しむ月の宴」(三越 恵比寿)

2011年 
・個展 「ソノサキノアカリ」(毛糸玉のある家 両国)      
・ワークショップ・展示 「ソノサキノアカリ」(BAGUS 高津)